アトピー 改善

アトピー改善への努力

アトピーに悩まされて、はや10年。アトピー性皮膚炎とは、本当に厄介です。

 

 

良くなったかと思えば、また症状が悪化し、それをひたすら繰り返します。

 

 

痒さにも、段階がありますが、ひどい時は夜眠っている時にも痒いてしまう始末です。

 

 

体の中で症状に出る部位は決まっていることが多く、私の場合は、顔、肩、ふくらはぎが多いです。

 

 

何度も症状を繰り返すため、その部位に色素沈着が起こり、悲しい見た目になってしまうことも多いです。

 

 

なんとかアトピーを改善したい!という強い願いのもと、病院に通いました。

 

 

やはり皮膚科は専門ですので、ステロイド剤などを利用し、徐々に改善。

 

 

それでも、治療をサボると、やはり繰り返しやすいというのがアトピーの特徴ですね。

 

 

体質ですから、仕方がないのかもしれません。

 

 

それでも、すべすべの肌は女性の憧れ!

 

なんとか手に入れたいので、家庭でも色々気をつけてみました。

 

 

アトピーは、アレルギーのようなもので、原因がどこにあるのかはっきりしないことが多いようです。

 

 

現に私の場合でも、病院でいくつかアレルギーの検査をしてみましたが、アトピー性皮膚炎の原因は、はっきりとは分からずじまいでした。

 

 

世の中にはたくさんのアレルゲンと呼ばれる物質があります。

 

 

その中の何かが作用して、アトピー性皮膚炎を引き起こしている可能性もあるので、家では常に清潔さを心掛けて、ハウスダストをなるべく減らすようにしました。

 

 

寝具も、オーガニックコットンの素材を選びます。

 

 

花粉をしっかり払ってから家の中に入ることも心掛けています。

 

 

あとは、入浴時に痒くなることが多いことから、あまり刺激を与えないように、ぬるめのお湯で入浴するようにしました。

 

 

熱いお湯だと、肌が乾燥してしまいますからね。

 

 

個人的な感想ですが、乾燥は、アトピー性皮膚炎の大敵であるように感じています。

 

 

入浴後は、たっぷりとクリームを塗ります。

 

 

アトピーがひどい時はこのクリームですら、かゆみの対象となるので、自分の肌と良く相談しながら行うことが大切ですね。

 

 

あとは、口から入れるものも気を遣っています。

 

 

辛いものや、アルコールはほどほどに、なるべくビタミンCやビタミンBを摂取できる食材を選んでいます。

 

 

そして個人的に味も好きで、肌にも良いルイボスティーやローズヒップティーを飲むようにしています。

 

 

色々制限が多いように感じられるかもしれませんが、慣れてしまえば問題ないですし、アトピーの改善にも効果があると思っています。